不動産の建物別用途




現物による不動産投資を行う場合、どのような不動産を扱うのかを選ばなければなりません。
建物を活用する不動産投資を行うにあたって、建物別にどのような特徴があるのかを知っておきましょう。

・アパート、マンション
自然環境、病院や学校などの公共施設やスーパーなどの商業施設、交通の利便性が求められマスね。
ですけど、すべてを満たしていらっしゃいません場合、家賃との兼ね合いで事業化することは可能ですね。
需要は比較的安定していらっしゃいマスが、利益性は高くは御座いません。

・オフィスビル
通勤や取引先との交通が役立つであるといいマス立地が要求されマスね。
法人が主な顧客となるために、不動産投資の利益は景気に変動されマスね。
居住用の建物よりも賃料を高く設定できるので利益性が高い特徴が御座いマスね。

・駐車場
青空駐車場の場合は、土地の転用が比較的容易にできマスね。
入出庫しやすい立地であればとくに立地上の制約は御座いません。
立地条件によって利益性は大きく異なってきマスね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー