都市計画法と地域地区 -2




・重大用途地区
用途地域内に定める一定地区で、建築制限や禁止を地方公共団体の条例で定めることができマスね。
国土交通大臣の承認によって、条例で制限緩和も可能ですね。
学校を優先的に建築し、其の周辺環境を整えるためなどに定める場合が御座いマスね。

・特定用途制限地域
市街化調整区域を除く、用途地域が定められていらっしゃいません地域で、環境を保護するなどの目的により制限すべき建物などの用途を定める地域。

この他も地域地区には、特定容積率制限地区、高層住居誘導地区、高度地区、高度活用区、市街地における火災の危険を防止する目的で定められる防火地域・準防火地域、風致地区、景観地区、伝統的建造物群保存地区、美観地区など多々の種類の地区が御座いマスね。
不動産投資では、このような地区の用途や制限を前もって調べたうえで行わなければなりません。

トップページ

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー