都市計画法と地域地区




現物による不動産投資では、不動産取得や保有に関していろいろな法の規制を受けることを知っておかなければなりません。
都市計画法は、其の規制の1つで、無秩序な開発を防止し、計画的なまちづくりを図るための法律ですね。

都市計画法の中で定められておりマス都市計画区域内では、建築物などに必要な規制を行い、住環境保護や災害・公害の防止など都市環境を守るために、地域地区といいマス制度を設けていマスね。
地域地区には下記のような種類が御座いマスね。

・用途地域
用途地域には、第一種低層住居専用地域など12種類が御座いマスね。
市街化区域では用途地域を定めなければなりません。
市街化調整区域では、用途地域を定める必要は原則として御座いません。
しかも、準都市計画区域でも用途地域を定めることができマスね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー