不動産の金額(更地金額)




不動産投資を行うにあたり、一番気になるのは現物の不動産金額ですね。
不動産金額と地価(更地金額)はちがうもので御座いマスね。
地価は建物がない状態の金額であり、土地の活用方法などによって実際の不動産金額は変わってきマスね。
不動産金額の決定には取引などに応じ、其れぞれ個々の事情により左右され、金額は個別に違いマスね。

此処では、土地の金額について知っておきましょう。

1つの土地には、一物多価と呼ばれるように、時価(実勢金額)、公示金額、基準値標準金額、相続税評価額、固定資産税評価額、国土法金額などの金額が御座いマスね。
実際の取引金額である時価を除く、公示金額、基準値標準金額、相続税評価額、固定資産税評価額、国土法金額などは公的金額と呼ばれ、取引基準として、其れから税金算出のための更地の正常金額ですね。

・公示金額
毎年3月末頃に国土交通省が発表する1月1日時点の標準値の正常な金額である更地金額ですね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー