不動産の調査




不動産投資のために、不動産の取引を行う際には、市場や地域の調査、法令上の制限の調査、現地調査、登記の調査が必要ですね。
不動産の売買金額や賃料、今後の動向などを理解し、地域の特性や状況を調査しておきましょう。

しかも、都市計画法や建築基準法、農地法に関係いたしマス調査も必要ですね。
不動産投資の目的にする建物が建築基準法に違反していらっしゃいませんか、耐震基準を満たしていらっしゃいマスかの確認が必要ですね。
都市計画図や行政機関での確認を怠ってはいけませんですね。

現地調査では、同じ不動産であっても曜日や時間帯、天候など異なる条件で複数行うのが、より的確に物件の調査ができマスね。
しかも、最寄り駅から実際に歩いて地域周辺の環境や交通状況を確認いたしましょう。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー