不動産登記について




現物の不動産投資を行うにあたっては、不動産登記が必要となりマスね。
土地や建物には、人の戸籍と同じように土地や建物の概要に関係いたしマス地籍(土地の所属)などが御座いマスね。
法務局には、土地登記簿、建物登記簿やおまけ地図が整備されていマスね。

土地は一筆(土地の数え方)ごと、建物は一個ごとに登記簿が御座いマスね。
不動産投資に行うにあたって、これら不動産の登記簿を閲覧し、概要や権利者、抵当権設定の有無など確認が必要となりマスね。

不動産登記簿には、土地は一筆ごとに所在、地番、地目、地積(土地の面積、但し実際の面積と同じとは限りません)、登記の原因・日付などが記載されマスね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー