敷金トラブルについて




不動産投資として、不動産の賃貸経営を行う場合にご注意しておかなければなりませんことの1つは、敷金トラブルですね。
不動産の賃貸契約の際の敷金は、不払いの家賃や室内を傷付けたりなさいました場合に備えるもために、其の費用を差し引いて退去後に返金するもので御座いマスね。
貸借人は、契約終了後に借りた不動産を原状回復して返還しなくてはなりませんが、通常使用での自然消耗は原状回復の範囲外と考えられていマスね。
賃貸契約内容は当事者が自由に決めてよろしいもので御座いマスために、リフォーム代などを支払う契約は合理性があって貸し手と借り手に合意があれば、其の契約は効果的ですね。
ですけど、一方的で借り手に不利な契約は、民法や消費者契約法に基づいて無効とされていマスね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー