不動産契約の手付金




不動産の売買契約時には買主から売主へ手付金を渡いたしましょう。
この手付けは、契約の際に買主から売主に渡す金銭などを指いたしましょう。
民法には証約手付・解約手付・違約手付の3つがあり、不動産売買での手付金は特約がない限り、通常は違約手付の性質を持ちマスね。
証約手付というのは、契約が成立した証明として渡されマスもの、違約手付とは契約内容が履行されない場合に没収する意味で渡すもので御座いマスね。
不動産の売買契約での手付金である解約手付というのは、契約が履行するまでに当事者同士が手付の額を損することで契約を無条件で解除することができマスね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー