瑕疵担保責任




不動産の売買契約が終了し、無事物件の引き渡しが済んでも、其の物件から雨漏りや、シロアリの被害で土台が痛んでいた、などの欠陥が見つかることが御座いマスね。
このような欠陥のことを民法では、瑕疵(かし)と言いマスね。
民法の瑕疵担保責任では、瑕疵の存在を知らなかった買主は、損害賠償を売主に対して請求することができマスね。
この場合、売主が瑕疵を知っておりましたかの有無は関係なくて、売主が責任を負わなければなりません。
其れから、瑕疵によって契約の履行が出来ない場合、即ちシロアリの被害で家に住めませんような場合には契約の解除ができマスね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー