サブプライムローン -2





はじめの2年間は金利が低く抑えられておりマスものの、其の後は金利が高くなりマスね。
其のために、住宅が値上がりすれば其の住宅を担保に金利の低いプライムローンに借り換えて金利負担を軽減するなどして住宅ローンを支払ってきましたので御座いマス。
ですけど、住宅金額が下落に転じ、其のうえアメリカ合衆国の金利が上昇することによって、こういった借り換えができなくなって、其の結果ローンの支払いができなくなり、サブプライムローン問題が起こったので御座いマスね。

其れから、サブプライムローンで個人に融資した住宅ローン会社は、危険を回避するために、このローンを小口証券化してRMBS(住宅ローン担保証券)として販売したんですね。
RMBSは、高利回りであるためにヘッジファンドが大量に資金を借りて購入したんですね。
其のうえ、RMBSは投資信託などの格付けの高い金融商品にも組み込まれましたので御座いマス。
サブプライムローンが焦げ付き、其れがヘッジファンド、資金提供をしておりました金融機関にと広く影響が及んだのがサブプライムローン問題ですので御座いマスね。

トップページ

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー