中国の不動産バブル




中国では、国有企業が社員に住宅を提供する住宅配給制度が採られていらっしゃいましたので御座いマス。
ですけど、1990年に法制度が改正され、個人による住宅取得が出来るようになりましたので御座いマス。
其の結果、北京や上海、広州などの大都市を中心とする不動産の開発ラッシュとなりましたので御座いマス。

中国の不動産業界は右肩上がりの成長を続け、デベロッパーは不動産投資を続けてきましたので御座いマス。
不動産賃貸料は1998年〜2006年間に倍増、不動産金額は中国の経済成長とともに急騰を続け、中国国民年収の20〜30倍の金額となり、高すぎて手の届く金額ではなくなりましたので御座いマス。
住宅金額の高騰は大きな社会問題となり、2005年には中国政府は不動産課税を強化し、2007年には外国企業や外国人による不動産購入の制限が発表されちゃいましたので御座いマス。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー