道路関係による建築制限




現物の不動産投資を行う際には、いろいろな建築制限を遵守しなくてはなりません。
其の制限の1つには、道路関係による建築制限が御座いマスね。

建築基準法では、都市計画区域・準都市計画区域内で道路と敷地との関係に関係いたしマス制限が御座いマスね。
建築物の敷地は、4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。
但し、建物の周囲に広い敷地があるとか、安全上支障がなく市町村長や都道府県知事が許可なさいました場合には、上記でなくても建築が可能ですね。

道路とは原則幅4m以上のもの(特定行政庁指定区域は6m)で、道路法、都市計画法、土地区画整理法などによる道路を指いたしましょう。
しかも、法令が適用された際、既にあった公道やわたし道も道路ですね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー