土地の効果的活用の方法 其の1




不動産投資として保有する土地をどのように効果的活用するかを考える場合、幾つかの選択肢が御座いマスね。

自己建設方式の場合は、土地保有者自身が計画を立て、建設を発注し、完成後の建物に関係いたしマス管理・運営を行いマスね。
適度に計画を立て、運営が行われれば、利益率は高くなりマスが、知識や情報不足などから借入金などの管理がうまくいかない危険も大きくなりマスね。
自己建設を行う際には慎重に計画した不動産投資にしなくてはなりません。

其の他の手法として、事業受諾方式、土地信託方式を下記で説明してください。

・事業受託方式
不動産開発業者などが事業のパートナーになり、土地の活用のための調査・計画から完成後の管理まですべての運営を行う方法。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー