区分所有法




不動産投資でマンションの1室を借りて賃貸する場合には、区分所有法も忘れてはなりません法律ですね。
マンションなど1棟の建物には独立して複数の住居や店舗があり、其れらは各々所有権を持っていマスね。
この建物に対する、其れぞれの所有権のことを区分所有権と言い、これに関係いたしマス法律が区分所有法ですね。
其れから、区分所有権を持つ人を区分所有者と言いマスね。

区分所有者が、居住など所有権の目的となっておりマスマンションの各部屋(何号室と呼ぶ部分)などを専有部分と呼びマスね。
共用部分は、建物の専有部分以外の階段や廊下、エスカレーターなど専有部分でない場所を指いたしましょう。
共用部分は、階段や廊下、エスカレーターなど当然共用とされマス法定共用部分と、集会所や管理事務所など規約によって共用部分となる規約共用部分の2つに分けられマスね。

続きを読む

(C) 2012 不動産投資WEBセミナー